Linuxのインストールを無料で簡単に実行!解説付き|ナレッジベース

このページではLinuxをインストールする方法について解説していきます。

Linuxについて知りたい、Linuxに触れてみたいと思われている方はご参考にしてみて下さい。

Linuxとは

Linuxとはコンピュータのハードウェアを管理するOSのことです。

OSといえばWindowsやMacが有名ですが、スーパーコンピュータやサーバにはLinuxがインストールされています。

Linux自体は無料で、誰でも配布可能であり、様々な企業が独自のLinuxディストリビューションを再配布しています。

このようにLinuxは誰でも使用することが可能ですが、普段、馴染みのあるWindowsとは操作方法は違いますし、何よりインストール方法がよく分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそんなLinuxを無料でインストールする方法をこまかな解説を入れながら、ご紹介いたします。

インストール手順

Linuxのインストール手順ですが、LinuxのOSをインストールすればすぐに使えるわけではありません。

読者の皆さんのPCにもWindowsやMacなどのOSが既に入っているかと思います。

通常、既に起動しているOS上で違うOSを動かすことはできません。

では、どうすればLinuxのOSを動かすことができるのかというと、こういった場合は、PC上にもう一つのOSを動かすバーチャルな環境(仮想環境)を作り、そこで別のOSを動かします。

手順は簡単で、これも無料で行えます。

仮想環境を作るソフトはいくつかありますが、今回はメジャーなVirtualBoxをインストールします。

VirtualBoxのインストール

VirtualBoxのインストール方法ですが、まずVirtualBoxの公式サイトからインストーラーをダウンロードします。

公式サイトにアクセス https://www.virtualbox.org/

このような画面にアクセスできたと思いますので、左側のDownloadsをクリックします。

VirtualBox 5.2.22 platform packagesの下にあるインストーラーをクリックして下さい。
(WindowsはWindows hosts、MacはOS X hosts)

ダウンロードできたインストーラーをクリックして起動します。

Nextを押して次に進みます。

そのままの状態で次に進みます。

オプション選択ですが、今回は全部選択します。

ネットワークの警告が出ますが、気にせず、Yesを押します。

Installation is completeと出たら成功です。Finishを押して終了です。

※インストール途中でコンピュータへのアクセス許可が求められたら、そのまま許可を押してインストールに進みます。

CentOSのインストール

VirtualBoxが無事インストールできましたら、次はLinuxディストリビューションをインストールします。

Linuxディストリビューションはいくつか種類がありますが、今回は無料で入手できるCentOSをインストールします。

URLにアクセスします。https://www.centos.org/

Get CentOS Nowをクリックします。

DVD ISOをクリックします。

複数のリンクが表示されました。このうちのどれを選んでもインストールできますが、今回はOther mirrors further away:の下にある

http://centos.usonyx.net/main/7.6.1810/isos/x86_64/CentOS-7-x86_64-DVD-1810.isoを選んでみます。
このリンクを押すとダウンロードが始まります(isoイメージのダウンロードは少し時間がかかります)

Linux環境の構築

CentOSまでインストール出来ましたら、いよいよLinux環境の構築に入ります。

まず、VirtualBox側の設定を行います。

VirtualBoxを起動し、Oracle VM VirualBoxマネージャー画面から左上にある新規ボタンをクリックします。


右上にある新規をクリックします。

名前にCentOSと入力、タイプはLinux、バージョンRed hat(64-bit)を選択します。

メモリーサイズを入力します。今回は2GBにします。

仮想ハードディスクを作成するを選択します。

VDIを選択します。

可変サイズを選択します。

ファイルの保存場所を選択し、仮想ハードディスクのサイズを決めます。今回は10GBにします。

左側にCentOS(赤い帽子のアイコン)が出れば成功です。

Linux OSのインストール

Linux OSのインストールを行います。

Oracle VM VirtualBoxマネージャーのCentOSのアイコンをクリックします。最初に起動ハードディスクの選択画面が出てきますので、先ほどインストールしたCentOS-7のISOイメージを選択します。

この画面が出ましたら、そのままEnterキーを押します。

言語選択画が出ますので、日本語を選択します。

この画面が出ましたら、システムのインストール先をクリックします。

ローカルの標準ディスクを選択し、左上の完了をクリックします。

先ほどの画面で、ソフトウェアの選択をクリックし、GNOME Desktop、GNOMEアプリケーションを選択し、完了をクリックします。

ユーザー作成画面になりましたら、ユーザーを作成します。

今回はrootユーザーはユーザー名:root、PW:root
一般ユーザーはユーザー名:Linux_test、PW:linux とします。

完了しました!と出たら、右下の再起動をクリックします。

再び起動すると、ログイン画面になります。Linux_testを選択し、先ほど設定したPWを入力します。

この画面になれば成功です。これでLinux OSのインストールは終了となります。

最後に

今回はLinuxのインストール手順について、解説致しました。Linuxのインストールに関して、なんとなくご理解いただいたかと思います。

Linux OSがインストールできれば、Linuxを好きなように使えます。CUIベースなので、操作方法など最初は慣れない部分もあるかと思いますが、
ある程度の操作を覚えてしまえば、Windowsなんかより便利なところもあります。何より、サーバーを始め、コンピューターを自由に構成することができます。

簡単なWebシステムを構築することもできますので、Linuxに興味がある方やLinuxを勉強しようと思っている方は、これを気にチャレンジしてみて下さい。

 

The following two tabs change content below.