インフラエンジニアとは年収予想や今後の成長率についての考察妄想

皆さん

はじめまして。YUです。
私は現在都内の中規模SIerでネットワークエンジニアとして勤務しています。

実はインフラエンジニアについてはそれ程興味があったわけでもなく、
20代半ばも過ぎて「なんとなく仕事決めなきゃやばくね?」という思いから決めた職業でした。

私の簡単なプロフィールは別途語る場を作るとして
未作成

今回は新米エンジニアの自分が知る限りのインフラエンジニアという職業について話そうと思います。

職業としてインフラエンジニアを目指すからには年収やキャリアプランなんかも気になるところだと思います。
私自身はさっき「なんとなく」決めたようなことを書きましたが、実際には人並み月並みには考えての就業でした。

決断した理由として、「SEとして求められるだろう能力」を私自身持てる自信があり、
そしてそれが後述するようにこの界隈では希少性になるという可能性が高かったのです。

エンジニアという職業に求められる能力として「知識」や「技術力」を追う側面と
「交渉力」や「提案力」が必要な側面とがあると私は思っています。

そしてこの前者二つには自信を持っている、あるいは自信があると思いこんでいSE達が多いという事実があります。
ある意味縦社会、職人社会であり、実力主義の世界です。

能力があれば認められ、SE同市自信のある分野でマウンティングを取り合いながら
仕事を進めるのが普通の様な、ある側面から見ると少し変わった世界といえます。

ただ、この世界でもお客様はおり、決められた予算や人の感情がある中で案件ビジネスとして成立している訳です。
そこにきて、この世界の大半の人はお客やビジネスという観点からすると非常に大きなディスアドバンテージを抱えているという風に私は感じていました。

そして私はSEとして必要な能力として、先ほど述べた前者二つのポイントは大したものにならないと直感したのですが、
後者の二つのポイントはアドバンテージを持てるようになると直感出来たのです。

「技術力は高くないけれどユーザ目線、営業目線、経営目線でビジネスを考え、難しい時にはSEとユーザの間で折衝する様なスタイル」
簡単に言えばフロントエンジニアやITコンサルタントの様なキャリアプランがすぐにイメージ出来たのです。

勿論、王道は技術を極めた特化型かつ総合力のあるエンジニア、
「各パートの専門性のあるエンジニア」や「フルスタックエンジニア」みたいなエキスパートですがそうでなくても戦える職業だと思っています。

今回はそんな可能性の入り口になるインフラエンジニアについてちらほらと。

インフラエンジニアとは

インフラとは?
「インフラストラクチャ―」の略。
辞書的な意味としては「下部構造」や「基盤」といった意味になる。何を「インフラ」と捉えるかは、どこに注目するかで変わるので、その意味では極めて相対的な概念。Iインフラエンジニアと一般的に言う場合には「基盤」を指していると考えていい。

インフラエンジニアはざっくりいうとITサービスの「基盤」を作るエンジニアのことを指します。

皆さんが普通に使うWEBサービスとか、アプリとかあると思うんですが、
ああいうものを皆さんが「日常的につかえる」状態にするのがインフラエンジニアの仕事です。

ざっくりわかりやすく言うと、
「サービスを入れる箱=サーバー」、「サービスに繋がる道=有線・無線のネットワーク」を作って、

メンテナンスや運用管理をするのがインフラエンジニアですね。
こまかーく話せば沢山あるんですが、それはこまかーく調べて頂ければと思います。

 

年収

今、僕が務めている会社での僕の給料は大体350万くらいです。

日本の平均年収が400万、中央年収が360万位らしいので、現時点では僕は負け犬かもしれません苦笑

ただ、インフラも二極化しているというか、やはりスキルの高い人材にはそれなりに高給取りもいるようです。

スキルの目安としてはネットワーク分野ではCisco系の”CCNA”や”CCNP”、後は経験年数や経験してきたメーカなどのナレッジが評価の対象になるようです。

ちなみに、ITというと評価制度も厳密かつ公正かというと意外とそうでもなくて、割と人情評価な部分もあったります。

あくまで参考ですがCCNAを取得すると400万を超える収入になるという話もありますし、最上位資格のCCIEだと上限で900万くらい行くみたいですから、上を目指してみるのも悪くないように思いますね。

ちなみに僕は今年中にCCNA取得、今年度中にはCCNP取得を目指してます。

 

将来性

将来性については「仕事がなくなる」とか「仕事が増える」とか色々言われてますよね。

実はこの辺の話って一概にいうのが難しいです。AIの台頭、クラウド化の流行なんかもあって、確かに既存の物理的な機器を設定してお客さんに納品みたいな案件は消えゆくのかもしれません。

が、それってもう少し先の話のように思います。大手金融とか文教、役所系お客さんがそんな直ぐに仮想環境を取り入れたいというのかどうか・・・

急に物理機器がなくなるというより、その一歩手前の感覚で「統合管理」とかの案件は増えているようには思います。(一台の機器がシステム全体を監視管理運用出来るようなシステムのことです。)

また、もし来期以降縮小傾向が急激に進むようなことが仮にあっても、今つけた知識の上に仮想クラウドの話やAIの話が少しずつ上乗せされていくイメージになるかと思います。

あいまいな答えですが、「今すぐにはなくならないが将来的には消えゆくか、変化していく可能性はある」というのが僕の感覚です。

ただ、例えば仮想通貨なんかもインフラの概念はちりばめられていますし、仮想化にしてもベースにインフラが必要ですし、インフラエンジニアがなくなるというよりも「求められる領域が増えて仕事の幅を広げる必要がでてくる」というのが正解なきはします。

なので、ぶっちゃけCCNPくらいの知識は早めにつけてクラウド環境の案件知識を積み上げたり、プログラム学んで人工知能の素養を身に着けたりしてインフラにとどまらないフルスタックエンジニアを目指すのがいいなと僕は思ってます。

市場とかの考察

市場についても、日本で見てもまだまだ需要はあると思います。

無線案件なんかは増加傾向にあると聞きますし、ひっそりと企業の好景気の波に乗って案件受注も高まったりしてますからね。

それにさっきも話しましたが、仮想通貨とかクラウド需要もあるので大まかな市場としては結構いいんじゃないかなと感じてます。

ただ、、、

まとめ